セキュリティエンジニアってどうなの? 仕事内容と今後の展望!

セキュリティエンジニアって何?興味はあるけど、具体的な仕事内容がわからない方も多いでしょう。
「セキュリティ関連の仕事」というイメージしか持っていない人もいると思います。

今回は、そんなセキュリティエンジニアについて解説したいと思います。
仕事内容から、求められるスキルまでご説明します。
セキュリティエンジニアについてしっかりと理解し、納得のいくキャリアを積みましょう。

セキュリティエンジニアとは

セキュリティエンジニアとは、情報セキュリティに特化したエンジニアのことで、インターネットが普及した昨今では
セキュリティに配慮したシステム設計・運用、未然にサイバー攻撃を防ぐための調査や対策などを行います。

近年では業務上必要不可欠なものとして、時代を追うごとに欠かすことのできない重要な役割を担うようになりました。
それにともない、会社の内部・外部で機密情報を扱うケースも増えています

これまでの社内ITシステムといえば、サーバーとパソコンなどといったシンプルな構成でしたが、スマートフォン等の端末の普及、クラウド環境の活用など
、ネットワーク環境や利用場面が多岐にわたるようになり、サイバー攻撃も高度化しています。
どのような攻撃を受けるか分からない現代は、ITシステムが発達して便利になったからこそ、セキュリティの強化も求められる時代になっています。

仕事内容

セキュリティエンジニアの仕事内容は多岐にわたります。
企業やプロジェクトにもよりますが、企画・提案の段階から設計・実装・テスト・運用まで一貫して携わることもあれば、ひとつの工程を専門に担当することもあります。

セキュリティエンジニアは、情報セキュリティに特化したエンジニアです。
現在、インターネットの普及に伴い、身の回りには様々な情報が飛び交っています。便利な反面、個人情報や、個人情報以外のデータも含めて、情報データの保護が課題となっています。
セキュリティエンジニアはそういった課題を受け、コンピュータウイルス、不正アクセス、内部犯行などの様々な脅威や脆弱性からシステムを守るために、ネットワーク構成、業務用PCの構成、事務所環境、業務ルール等の様々な面から対策・実行をおこなっています。

具体的工程は以下の内容を行います。

・企画・提案

お客様のITシステムについて把握し、必要なセキュリティを企画・提案します。
個人情報保護法の施行後は、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)やプライバシーマーク取得のための支援も主な業務の一つです。

・設計・実装

セキュリティの強化システムだけをネットワークはもちろん、サーバー機器などのハードウェアやアプリケーション、システムの運用に至るまで、すべてを網羅して設計します。
また、設計と同様に幅広く対応する必要があり、ネットワーク機器やOSの設定に加えて、プログラミングも行います。
近年では、データをクラウド上で管理するケースが増えていることもあり、クラウド構築ができるエンジニアへのニーズが高まっています。

・テスト・運用・保守

テストでは、脆弱性診断とも呼ばれるセキュリティ検査を行います。
システム上の脆弱性を発見し、その対策を念入りに行うことも仕事のひとつです。
さらに、システム導入後は、障害発生時にスピーディに対応する、サイバー攻撃からシステムを守るといった管理・保守の業務を継続的に行います。

サイバーセキュリティの需要は?

重要な顧客情報や個人情報、企業として守るべき技術情報などが社外に流出してしまうと企業としては大変なことになります。
信用の失墜や企業イメージの低下など、場合によっては巨額の損害賠償の支払いが必要になることもあり、経営の存続自体おびやかすことにもなります。
こうした、サイバー攻撃による被害を未然に防止するためにセキュリティエンジニアの需要は非常に高まっています。
多くの企業にとって、セキュリティ対策は顧客との信頼関係維持に直結する事で、あらゆる業界・業種でIT技術が大きな役割を果たしております。
個人情報漏えいやシステム不具合、Webサイト改ざんといったトラブルが発生すれば、当該企業の信用が失われることになりかねません。
このような状況が今後も続いていくとすれば、セキュリティエンジニアの需要はますます増加することが予想され、高度なスキルを有するセキュリティエンジニアは、
引き続き多数の求人・案件で重宝される存在になれるでしょう。

現状セキュリティエンジニアは人手不足とされています。そのためセキュリティエンジニアは、将来性が十分にある職種であると言うことができます。

どうしたらなれる?

セキュリティに関する知識はもちろん、IT業界に関する幅広い知識が必要です。
OSやアプリケーション関連のセキュリティをはじめ、ファイアーウォールといったネットワーク関連のセキュリティ、さらにセキュリティ関連の法令や規格、暗号化に関する知識まで求められます。
さまざまな要望に応えるためにも、IT技術とセキュリティに関する幅広い知識を身に付けましょう。
最近では、クラウドコンピューティングや仮想化などの技術が用いられることが一般的になってきました。
システムを安全に運用する上で、IT関連の法律、制度に関する知識も必要です。
インターネットの普及以降、ITに関連する法案の立法や法改正は目まぐるしく行われています。
そのため、セキュリティエンジニアは、最新の法律に則ったセキュリティ対策を講じることが必要といえるのです。

資格がなくてもよいですが、以下の資格を取得しておくと信頼がより得られやすくなるはずです。

◆シスコ技術者認定

シスコシステムズ社による国際資格の1つで、セキュリティエンジニアの技術レベルを認定する資格としてCCENT/CCNA Security/CCNP Security/CCIE Securityと、段階別に設けられています。
世界的に見ても広く認められている資格になっておりますので、エンジニアの方は目指したい資格と言えるでしょう。

◆CCENT

シスコ技術者認定プログラムの初級編です。基本的なネットワーク セキュリティを含め、
小規模なエンタープライズ ブランチ ネットワークの導入、運用、およびトラブルシューティングを行う知識と技能を認定します。

まとめ

まだまだ、セキュリティエンジニアとして活躍している方は少なくチャンスも多いポジションです。
活躍の場も多く、どこの企業も危機感を持っていくいる事は間違いありません。
キャリアの難易度としては高く、資格取得も決して容易ではございませんが今後のキャリアを考えるうえで非常に需要のある職種といえるでしょう。

また、政府としても内閣サイバーセキュリティセンター(NISC) 2015年1月9日に日本政府が内閣官房に組織が設置され、
“平成28年度予算概算要求額は742.8億円で、平成27年度予算額が325.8億円なので、かなり予算アップの要求がされています。

これは政府のセキュリティ対策に対する重要度が増してることがわかります。
国としても、力を入れている分野。今後も必見です。