~不遇な待遇?クチコミから見るえSierの労働環境~ SIerとして働く実態をクチコミから探ってみた

エンジニアの労働環境って過酷ってよく聞きますよね?
ただ、これもどのように働いてるかによってかなり変わってきます。
例えば、自社のサービスを扱っている会社とかに関していえば、よほど大きなトラブルや改修がない限りは
それほど過酷ではないですし、むしろ他の職種に比べて比較的環境はいいんじゃないかなと思います。
今回はそんなエンジニア業界の中でも環境的に含まれている方も多いSierに関してみてみましょう

Sierとは

SIerとは「システムインテグレーター(System Integrator)」の意味で「エスアイアー」と呼ばれることが多く
場合によっては「SI」と府応現されますがほぼ同じ意味と考えてよいでしょう。
システムインテグレーターを日本語にすると「システムを統合する人」の意味合いとなります。
簡単に言うと、Sierはシステム構築から導入のすべての業務を請け負う事業者ということです。

大手で言うと野村総研(NRI)、日本オラクル、NEC、伊藤忠テクノソリューションズなどがあげられますね。

大手Sierランキング

参照元※ 5ch http://5ch.net/

そもそもどんな働き方?

SIerの仕事は、企業が求めるシステムを導入(運用に載せる)する仕事です。
ステムを導入と一概に行っても、実際にはかなり多くの作業が発生し上流、下流などが存在します。
いきなりどの業務でもできるというわけではなく、順序を経てまた企業規模によっても変わってきます。

・業務内容の分析
・改善案の提案などのコンサルティング
・システムの設計
・プログラム開発
・ハードウェアの選定・調達・設置
・ミドルウェア(OS、データベースなどのソフトウェア)の選定・調達・設置
・システムの導入サポート(計画作成、マニュアル作成、現場サポート)
・導入したシステムの管理、トラブル対応、QA対応

上記のような仕事の内容が主な業務としてあげられるでしょう。
もちろん企業の規模感によって携わってくる部分は変わってきます。

出典元※SIerとは?SEとの違いや業界の事情をやさしく紹介!

メリットは?

メリットその1: 様々な業界の仕組みや知識を得ることができる

金融や財務会計、物流、医療、製造など、いろんな仕事があり、中にはきわどい案件もあったりします。
Sierで働くことによって、いくつものプロジェクトを経験し、それこそ金融系→人事→物流→財務会計→製造など全くの異業種も経験します。
その為、さまざまな業界の流れが分かり自分の得意分野にも気づきやしでしょう。エンジニア以外の道を考えることもできる可能性もあります。

メリットその2: 多くの人に出会える

様々な案件に携わることで多くの人に出会えることもメリットの一つかもしれません。
4~5名のプロジェクトもあれば、100人以上のプロジェクトもありほかの業者と比べても人に出会うことが本当に多いです。
同じ業務をやっている分話す頻度も高く、コミュニケーションも必然的に取るのでよほどのことがない限り接点は持つでしょう。
多くの人に出会うことは、多くの価値観に触れ自分を見つめ直すチャンスがあるということだ。
ただ、中には全く性格の合わない方や、スキルレベルとして低い方もいますし、自身を見直すタイミングにもなるかもしれません。
反面教師もいる分、どういった人が上に上がり逆にどのような人が信頼度が低くなるのかもわかるのでスキルアップもしやすい環境かもしれません。

メリットその3: 給料がいい
他の職種に比べるとある程度給料が良いことも特徴かもしれません。
上流にいる会社は、特に給料が良くマネージャークラスなら1000万も夢ではないでしょう。
ただ、給与が良い分プライベートを削りかなりのハードワークになると思います。

デメリットは?

デメリットその1: 基本的にマンパワーでどうにかする風潮がある
SI業界ではシステムの規模や関わる人数が多い為、各個人レベルでは提案してもなかなか動くことが出来ません。
システムの規模が大きくなれば大きくなるほど、ウォーターフォールモデル(システム全体を要件定義 → 設計 → 開発 → テストと順番に進めるシステム開発の方法)では全体の掛かる時間や、それに伴うコストの見積が難しく、少なからず問題が発生する案件が生まれます。
複数のシステムとの連携を行ったり、大規模な環境構築が必要なため、ウォーターフォールモデルでは限界があると分かっていつつも、足並みを合わせて開発していかざるを得ない面があります。

デメリットその2: IT業界だけど技術が古くてすごく保守的

昔作られたソースコードを引継ぐことが多く、そのチーム独自の書き方や用語により業務を進めることが多いです。
基本的に元々開発に携わっていた人が分かるものや、昔作られたシステムに採用されている技術を採用することが多いです。
従来の「自分たちが分かる安定したやり方」で仕事をこなすのが当たり前に行われている現場も多い為、「クリエイティブ」という言葉とは程遠い業務フローになります。

デメリットその3: 労働集約型ビジネスから逃れられない

特に開発をメインにする(技術を武器にしていく)場合、基本的に働き方を変えるのが難しいです。
皆で同じ場所に集まって、同じ時間に同じような作業をしていく、というライフスタイルになります。

働いている方のクチコミ

良い点

【スキルアップ】
・私が在籍した頃は、人にもよりますが色々な業界のソフト開発を経験できてスキルアップ可能でした。
私がいた職場は、人間関係もとても良く、コミュニケーションは活発でした。(20代後半 男性)
・多様な開発プロジェクトに関われる為、開発環境やツールなど、現場ごとに経験を積むことが出来る。 (30代前半 男性)
・スキルによって適切に仕事を割り振られたため、仕事がきついと感じることが少なかった。しかしそれなりのレベルの仕事を割り振られるのでスキルアップはし易い環境であると感じた。(20代後半 男性)

【事業の安定性】
・若いうちから責任ある立場を担えるのでやる気のある、出世欲のある人にはとても合うと思います。能力だけではなくやる気があれば買ってもらえる部門が多く、先端技術へ挑戦する事にあまり壁がないと思います。(30代後半 男性)
・IT業界は今後もまだまだ成長し続けるものであり、そういった点からみても、成長性や将来性は◎といえるだろう。(20代前半 女性)

悪い点

【残業、働き方】
・一部の人に業務負荷が集中しがちです。会社からは残業するなと言われますが、残業しないと仕事が終わらないため、サービス残業をしている人も見受けられます。(30代後半 男性)
・部署によっては、残業が多く、徹夜等の対応も必要。 間接部門は残業規制が厳しく、定時退社が原則ですが、業務量と合っていない部署もあり、配属先によって、環境が異なることが多い企業。(20代後半 男性)
“・残業時間を自分で調整することが難しかった。定時間際に突発的に作業を振られることが頻繁にあり、終電間際まで残業することもあった。
有給は夏季休暇や年末年始にはとることができたが、普段はとることが許されない雰囲気だった。(20代前半 男性)

【評価制度】
・直接関係の無い部署の上司が口をはさんでくることがあり、それが評価にも少なからず影響していたのかなと、思うところはあります。外部の声に耳を傾けることなく評価をしてほしい。(30代前半 男性)
・どのような基準で評価をされたかはわかりにくい。それこそよい案件に入ればいろいろと経験でき、評価も上がっている実感がある。しかし、運悪くトラブルやへんなプロジェクトに入るとスキルアップもないし、特にボーナスが大きな影響をうけ年収ダウンに繋がる。(20代後半 男性)

まとめ

クチコミから見てみると働き方は決して楽ではないにしろ得られるメリットも多いようです。
昨今では働き方改革へ意識が向いていることもあり、こういったクチコミのような労働環境も減っているといわれております。
結局は環境をどうポジティブにとらえられるかの問題も大きい気はしますが、働いているうえで現場の意見を尊重してくれる会社で働きたいですね。