~人材担当者が伝える、エンジニアの転職理由ベスト5~ エンジニアと数々の面談をしてきた担当だからわかる転職理由を紹介

誰もが考えたことのある転職。職場の環境や仕事内容、またライフステージの変化や景気の動向。様々な要因で転職を考えられる方も多いでしょう。
転職市場も盛り上がっており、求人倍率も年々高くなっている傾向です。
そんな中で転職される理由はいったいどんな内容が多いのでしょうか。

参考:転職理由ランキング | 転職なら、求人情報・転職サイトDODA(デューダ)

・エンジニアの転職理由ってどんなことが多い??

その中でも転職市場としても特に採用が困難なITエンジニアはどのような理由が多いのでしょうか。
転職理由としてあげられる内容で多いものを7つご紹介します。

①技術を身に付けるため

エンジニアの転職理由で最も多い理由ではないでしょうか。
もともと志向性としても何かをつきつめたい傾向があり、また職種として今後のキャリを考えると自身のスキルレベルが非常に重要になってくる職種です。
それ以外の職種でももちろん重要ですが、日進月歩の業界でこれからどのような分野の需要が高まるのか、その点も考えていかなければ
エンジニアとして生き延びていけない現状です。
例えば、システムの技術を学ぶのか、ソフトウェアの技術を学ぶのか。
これだけでも大きく道は変わってきます。
実務は関係なく、資格をとるという方法もありますがやはり一番は実務を行いながら技術を身に着けていくことだと思います。
そう考えていくと、現状の仕事で得たい技術、これから考えていたキャリアと大きく離れた業務を行っている場合は、新たな技術を学ぶ環境に移るために転職を考えるエンジニアが多いようです。

②より良い給与や待遇を求めて

どの職種でもそうですが、圧倒的な能力を持っている、または実績を出している人材は多くがこの理由で転職するのではないでしょうか。
ITエンジニアも同様に、優秀なエンジニアや特化した技術を持っているエンジニアはより良い待遇を求め転職していきます。
特にエンジニアの場合は、技術やスキル資格などを持っていると、他業種より転職できる数も給与も増えていき、好待遇で迎えられるケースがあります。
また、技術はあるが今の現場では思う存分に発揮できておらず、業務を変えるだけでガラッと印象が変わるエンジニアも多く、待遇も大きく変わるケースもあります。
有能なエンジニアの場合は、自身のスキルレベルの向上とともにより良い待遇の会社に転職するケースが多いです。

③独立のため

独立という理由、これも優秀なエンジニアに多いかもしれません。
実力や市場価値のあるエンジニアは、独立という道も多職種に比べて開けてきます。
実際、営業は独立しても一人でなかなか売り上げを立てることは難しいかもしれません。しかし、優秀なエンジニアの場合一人でサービスを立ち上げ
一人で収益を得る。そんなことも可能です。
また、フリーランスでエンジニアをやる場合、これも同様に多職種でフリーでやるより多額の報酬を得ることができるというエンジニア特有のメリットもあります。
優秀なエンジニアの場合は、若いうちからより高い収入を得る、自分でサービスを作るという信念のもと、フリーランスや独立をするケースが多いです。

④将来性が見えなくなったため

エンジニアの仕事、技術は日々変わっています。
その分、エンジニア同士の競争も非常に激しく、常に新しい技術を学ぶ必要があり価値を高めていかなければいけません。
途中でその熱意がなくなってしまったり、技術レベルに衰えがなくなってしまった場合など将来性を不安に感じ転職を考える方が多いようです。
また、常に技術が変わっていく職種になるため今は一流の技術を持っていたとしても、いずれ不要になってしまったり衰退していくこと者の場合もあるため、将来性に疑問を感じる方もいます。
自身の気持ち次第で今後も続けていけるか変わりますし、少しでも情熱がなくなった場合働き続けるのは難しい職種です。
その為、将来性に不安を感じ早期に見切りをつけてしまうこともエンジニア特有の事情といえるでしょう。

⑤ハードな仕事に耐えられなくなった

エンジニアは業界によっては、労働時間が長い仕事も多くそのうえ薄給。
特に、研究や開発などで多くの時間を費やすことが多い職種でもあります。場合によってはプライベートの時間でさえ仕事に回さなければならないこともあります。
特に派遣業務などでは、派遣元の企業の管理が行き届いていないと深夜まで残業。ということもある業界でもあります。
そういった仕事の特性に厳しさを感じ、転職を考える方も多いようです。
また、専門性が高い分、急に関心がなくなる、他のことに興味を持つなど、全くのい業界へ転職することも実際エンジニアの転職理由としても多いようです。

⑥人間関係がうまくいかない

エンジニアの多くは一人で働くのではなく、案件によってチーム毎に動くことが非常に多いです。
自社の社員はもちろん、常駐先のお客様、関係部署の他社エンジニアなど幅広くつきあっていきます。
上司や後輩、さまざまな方と触れ合う機会が多いため、人間関係がうまくいっていないと、出社すること自体が嫌になってしまいます。
上司や同僚は、悪い兆候が出ていないか定期的な面談を行ったりして確認する必要もあるでしょう。
エンジニアは一人で悩みを抱え込みがちです。相談できる人をつくるなどしていくと良いでしょう。

⑦精神的な疾患や家族の介護

リーダーなどの重要なポジションにおいては、エンジニアにかかわらずですがプレッシャーに負け、精神的な病気になってしまうことも多いようです。
また、自身だけに限らず家族の病気や介護などの為に会社を辞めざるを得ないケースもあります。
昨今こういったケースは増えております。

まとめ

これらは実際にあった転職理由になります。
転職理由には、エンジニア自身の問題もあれば、会社、家族の問題など多岐にわたります。
その為、どのように改善すれば防ぐことができるということはないですが、スキルや働く環境は変えることができます。

転職する理由は様々ありますが、結局は決めるのは自分です。
外的な要因よりも、自分自身の内的要因での転職理由をしっかりと持つことが重要だと考えています。
何がしたいのか?どうなりたいのか?はっきりした理由を持つことにより、転職先の企業に求める物の優先順位がはっきりして企業選びにしっかりとして基準を持って選べます

まずは、転職理由に関して自身の整理をし何を重要視しているのか。
他のITエンジニアの方の転職理由も参考にされてみると良いと思います。

転職は悪いことではありません。
オープンワーカーでは上記のような転職理由をお持ちの方に対し、解決できる環境を整え
転職者にとっても弊社にとってもより良い環境を作っていければと考えております。